胃ガン手術後に胃がなくても食いしん坊の母

今日は月に一度の母の通院日。外は少々肌寒いが、空は快晴。母を慎重にクルマへ載せて病院へ。もちろん安全運転で。病院の窓口で手続きを済ませると、ここから診察まで長いながい待ち時間。

私の母に胃ガンが見つかったのは数年前。即日、胃を全摘する手術を行った。私たち家族は悲嘆にくれたが、本人は泰然としており、手術室へ向かうその落ち着き様は、母親のたくましさを感じた。

手術は成功、術後の経過も順調で、少しのリハビリのあと、ひと月ほどで退院。その後は月一回の診察と日々の抗がん剤治療とで現在にいたる。それほど激しい副作用もでておらず、様態は安定している。

胃がん手術

正午をすこしまわったところで、やっと母の順番がきた。診察室では担当医が難しそうな顔で母の血液検査結果のデータを見ている。「前回と変わりありませんね。栄養状態もまあまあです。

このままお薬を続けて、来月にCTをとりましょう。それから、…」。

先生の言葉を聞いてほっと胸をなでおろす。母も安心した様子だ。何事もなくて本当に良かった。

薬局で薬をもらうと、後は家に帰るだけと思いきや、「安心したら、何かおなかすいたねえ」と母。ええ、そう言うと思ってました。

いつものことですからね。月一回の母のわがままです、もちろん聞いてあげますよ。

家で帰りを待つ父に、買い物してから帰る旨のアリバイ工作をほどこしてから出発。今日はちゃんぽんを食べましょうか、お母さん。

駅前にあるちゃんぽん屋は、最近の母のお気に入りだ。スープには野菜の旨みが濃厚に溶け出しており、そこに溶き卵が加わってコクがありとても優しい味に仕上がっている。

二人ともミニサイズを注文。どうせ母は全部食べれないので、残ったものは私がいただきます。だから私のもミニで十分なんです。

ほんの少しの麺と野菜を食べただけの母。でもとても満足げです。来月もまたきましょう。

近所のスーパーで買い物をすませて家路へ。途中にあるお好み焼き屋を発見した母は、「あのお好み焼きもきになるねぇ…」とおねだりモードへ。

わかります、わかってます。今度買ってあげますから今日は帰りましょう。胃がなくなっても以前となにも変わらない母です。

それでも未練がましく外を見ている母をなんとかなだめて、心配して待っている父のいる自宅へと急いだ。

ベランダ菜園で三つ葉とブルーベリーを育てています

趣味と実用を兼ねてベランダで野菜を育ててみることにしました。
うちのベランダは隣に大きなアパートが立っていて、全くの日蔭ではありませんが、日あたり良好とは言えません。

スペースも広くはないので育てられる野菜はこの時点で限られてきます。まず半分日蔭でも育ち、小さなプランターに植えても育つ植物を調べる必要がありました。

と同時に、私のような初心者にとってもっとも大事なポイントを忘れてはなりません。それは簡単に栽培ができるということです。

そんなこんなで、まず植えてみたのがミツバでした。
まず反日蔭が向いているということ、小さな鉢でも育つということで条件をクリアしています。
土にそのまま植えてもあちこち蔓延る植物らしく、これはつまり初心者でもきっと育てやすいということだと勝手に解釈しました。

他の理由は、個人的に味が好きだからです。収穫する楽しみがあるほうがモチベーションになります。

三つ葉はとくに水気が必要なようで、種をまく前に一晩水に浸しておくほうが芽が出やすいそうです。
さらに発芽までに時間がかかるようなので気長に待ってほしいとのことでした。
まだ寒いせいもあってか、どれも発芽していないのですがこれからが楽しみです。

他にもブルーベリーの鉢があります。

ブルーベリー

驚いたことにベランダでも育てている方が結構いるようです。
正直なところ、あれこれ調べているうちに調子にのって買ってしまったというのが本音です。
本やサイトを調べたところ、病気にも強く、日本の気候にもよく合うので初心者でも育てやすいということでした。
大き目な鉢が必要になりますが、ベランダの隅に置いておけばまあ邪魔にはならないのでよしとします。

どちらも無事収穫ができるよう、がんばります。

桜色に染まり春のはじまりを感じます

3月に入り、卒業式のシーズンだったり、桜が開花が待ち遠しかったり、いよいよ春を満喫できる時期になってきたので、嬉しく感じます。

卒業式の女子の袴姿は、毎年電車の中や駅で見かけますが、とても華やかで可愛らしく感じます。

桜の開花は、犬の散歩でいつも通る道に桜並木があり、冬の寒い時期からじっと木々を見つめてきました。
葉もなく枝だけなのだが、気温が上がって暖かくなると、蕾が綻んでくるのがわかります。

桜
毎日見ているから、なおさらかもしれません。
犬は地面を歩いたり、臭いを嗅いだり、他に散歩している犬に注意を払っていたりして、私の視線とは全然違うのもおかしく思います。

散歩仲間と会うと、最近は桜の話題が出ることが多いです。
毎年楽しみにしている人も、多いのです。

桜の木はたくさんあるのですが、蕾のほころぶ時期や開花のタイミングが若干ずれる木もなかにはあります。
同じ場所に立っているのに、なぜだろうと思うのだが、これも自然の不思議さなのかな、と感じます。
人間でいえば、個性なのかしらと思います。

桜の咲く頃もまだ寒い日々が続くかもしれませんが、そろそろ春の服の準備も進めたいと思います。
クローゼットも華やかに春色で染まると、コーディネートも楽しくなってきます。

トレンチコートに桜色のストールや、ニットも合わせやすいし、春の行事関連にもぴったりです。
流行も少し取りいれながら、オープンカフェで友人とお茶も楽しみたいなと思っています。

桜が綺麗に咲いている公園の中など最高だなと思います。
どこか穴場はないか、探したいと思っています。

仕事大好き人間の夫@たまにしか家にいないのが丁度良い

就職して以来、ずっと仕事が大好きで、何よりも仕事を第一優先する夫。家族もすでに良い意味で諦めています。

そろそろ年齢も上がってきたので、徹夜と朝帰りはしない様にと言っていたのですが、また最近週に一度は徹夜で、他の日も朝帰りしかしていません。

仕事人間

もちろん会社で仮眠をとるらしいのですが、少年の様な夫は、社長室のソファをベッド代わりにして寝ている事を子どもたちに伝えると、子どもたちにも爆笑されていました。

健康管理だけは私の役目なので、いつもお弁当を持たせています。夕方に作っておくので、徹夜の日は仕方がないから捨ててしまいます。さすがに食べる気はしないのです。

ある日、また徹夜で午前中に一度帰宅して寝ていました。学校が早かった長男が、「あれ?オヤジ帰って来たんだ。珍しいね。」と言い、一緒にお昼を食べるので、起こしてもらいました。

息子と私は、久しぶりに手抜きでカップ麺を食べる予定でしたが、夫は朝食も食べていないと思ったので、ご飯にサバの味噌煮、切り干し大根、お吸物、サラダを用意しました。

すると息子が、「朝帰りしてるのに、怒らないでご飯作ってくれるなんて幸せだな、オヤジは。」と言いました。夫も、「そうだな、やるな!母ちゃん。」と言って笑っています。

すっかり普通の家庭ではないお父さんに慣れてしまっている子どもたち。でも、休日になると、子供以上にゲームやマンガに詳しいお父さんは人気者に大変身。

たまにしかいない位が丁度いいのかも知れませんね。体だけは大切にして欲しいと思っています。まだまだ働き盛りですからね。

ホワイトデーの手作りお菓子練習会に参加!

ホワイトデーの手作りお菓子練習会♪
友達と一緒にお菓子作りだぁ!ホワイトデーにあげるプレゼントは美味しいのあげたいもんねぇ
私はくまちゃんのカップケーキを作る!友達はアイスボックスクッキー!

カップケーキはプレーンのを普通に作ってデコることに♪
マーブルチョコをお耳にして、カットしたマシュマロを真ん中に乗せてチョコペンでお口書いた!
おめめもチョコペンだよ♪なかなか可愛く出来たし全部表情が違うのもまた可愛らしい♪

カップケーキ

友達のクッキーはレベルが高かった!
金太郎飴みたいに棒状にして切ったら何とくまモンが!
すっごいなぁ♪私には絶対に作れないや…
クッキーって型抜きが精一杯だからね(笑)

作り終わったら試食会♪
甘くて美味しいですー!クッキーめちゃウマ!売り物みたいにサクサクして甘さも丁度いいよ♪

くまちゃんのカップケーキも美味しかったけど焼きすぎたのかな?ケーキなのにサクサクした(笑)

甘いの食べてたら塩っぱいの食べたくなっちゃってコンビニ行ってポテチ買ってきたし(笑)
最近のお気に入りはリッチわさビーフ!辛味が強いんだけどハマっちゃったんだよね♪これ食べると今度はお酒が欲しくなるけど今回は自粛だ!
今ちょっと禁酒中だからね!頑張って続けていけるようにしないと…
兎にも角にも美味しかったからこれでホワイトデー本番も大丈夫かなぁ♪

後は可愛くラッピング出来れば完璧だね!
妹にあげる分はちょっと見栄を張りたいから100均じゃなくてロフトにでも行こうかな♪

海外に行きたいんですが、英語がネイティブには勝てない!

最近、海外へ行きたいという欲求のみで毎日が回っているような気がします。もちろん、お金が必要というのは当たり前のことだと思うのですが(円安の影響で地味に旅行代金が高くなりましたね…)、問題なのは言葉のカベですよね。

やはり、国際スタンダードの英語が喋れれば、どの国に行っても基本的には問題ないわけですよ。でも、よく中学・高校で学んできた英語は受験専用の英語で実際には何の役に立たない的なことをいう人、結構いるんですよね~。

英語

まあ、留学帰りの私の知り合いもおんなじこと言うんで、本当なんでしょうな…。そこでどうやって生の英語を学ぶかを今、考えているんです。

ToeicとかToeflとかそういうテストを勉強して、受験するのがいいのかなと思い、実際にやってみましたけどなんかペーパーテストでは正直英語を話すことができるかを判断できるのか疑問でしたね。

結構いい点数取れましたけど現にネイティブに話しかけられたらまったく歯が立たないんですもん。

英語とかの語学教室に通うのも気が引けますね。昔、問題を起こした某大手の教室もありますし、えらい安い値段でネット上でやる新興の教室もあるみたいです。

どの教室にいっても自分の英語がどれだけうまくなるのか未知数ですし、そんなのにお金はかけるより、旅行代を積み立てようよ!とストップをかける自分がいるんですよね…。

いづれにしても、英語を勉強しなきゃ!という意識だけはあるので、これから試行錯誤で頑張りたいと思います。あと、旅行代のために働きます!

今年もまた中型犬の里親を探しています

先週末、犬を1匹保護しました。2週間くらい前から道路を歩いていて、首輪をしていない中型犬がいるのは知っていました。車が立ち往生したり、反対車線に出てきたりして危ないなと思っていました。

その2日後私が犬の散歩中に近づくと橋の上を歩いていましたが、逃げてしまい捕まえるのは難しいなと感じていました。

犬

隣町のスーパーが5%オフの日だったので、犬猫のフードを大量に買い込み帰宅していたところ、近所のおじいさんがその犬に餌付けをしていました。

車を停車させ話を聞いたところ、おじいさんも前からその犬のことを知っていて、腹減っているから猫の餌をあげとるんやとの事です。

私は車からさっき買いこんだドッグフードや犬用のおやつを与えあっという間に半分なくなってしましました。すごく人懐こくて、初対面なのにお手もしれくれます。餌を食べ終えたころに家にある中古の首輪とリードを持ってきてつけてあげました。

その日の夕方近くの動物病院へ連れて行き、この犬は見たことないですかと尋ねましたが、見たことないなあとのお返事でした。猟犬だから近くの猟友会の人に聞いてみたらと仰ってくれて、代表の方に連絡しましたが、うちの犬ではないし、前からうろうろして困っているので役場に連絡して捕獲して処分してもらうとの事でした。

私が里親を探しますので、役場にも捕獲しに来なくていいように電話をかけてもいいですか?とお願いしたところ了承してくれました。月曜日に一度里親様が決まりましたが、残念ながら諸事情で破談になりました。

我が家では先月保健所から引き出した中型犬2匹がいてこれ以上飼ってあげられないので、これからこの子の里親探しをしていきたいなと思っています。

運動会の騎馬戦の安全性を確保できるのか?

運動会

運動会の騎馬戦で落下して、首から下が麻痺してしまった男子生徒の裁判に判決が出た。
2億円の賠償命令が出たそうだ。

2億円を安いとは言わないけれど、体の自由を奪われた代償としては、満足のいくものであるはずがない。
少しでも回復する事を心から祈る。

事故の詳細を聞いて一番驚いたのが、騎馬戦の練習をしていなかったということ。
入場行進の練習はするのに、騎馬戦の練習はしないのか!

私は女なので騎馬戦の経験はないけれど、小学校から高校まで、騎馬戦に出る男子たちは何度も練習させられていた。
馬役の生徒の並び方を変えてみたり、上に乗る生徒の支え方を工夫したり、落ちた時の受け止め方を反復練習したりと、大変そうだった。

私の学校で事故が起きなかったのは、先生方のあの指導があったからだったんだと思い知った。
この事故では被害者生徒は、下半身を中途半端につかまれたまま、おかしな格好で放り出された。
受身など取りようもなかっただろう。

それに、私の学校ではいつも、上に乗る生徒の鉢巻を奪われたら負けというルールだった。
あれも安全に配慮した工夫だったのだろう。

この事故のような「落下したら負け」と言うルールでは、相手を落とすまで攻撃することになる。
起きるべくして起きた事故としか言いようがない。

この判決を聞いて、「こんなに何でも学校のせいにしていては、学校で何もできなくなる」と不満を言う人がいると言う。
ピント外れもいいところだ。
騎馬戦は危険だと言うのと、この騎馬戦のやり方は危険だというのとは、全く別だ。
自動車にだって、安全運転と危険運転がある。

騎馬戦は下手をしたら危険な事態が生まれるとわかっているのだから、慎重に工夫して事故を予防すべきなのだ。
大人が自己責任で行う場合でも、登山やモトクロスなど危険なものであれば、万全の配慮が必要とされる。
学校行事として生徒に強制する競技なら、学校が責任を持って安全を確保すべきなのだ。